二俣川看護福祉高等学校にて出前授業を実施しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県立二俣川看護福祉高等学校で出前講座を実施しました。

授業では、コミュケーションロボットのペッパー(ソフトバンク)と神奈川県「ロボット体験キャラバン」と連携して、生活支援ロボットのパロ(大和ハウス工業)、パワーアシストハンド・レッグ(エルエーピー)、マッスルスーツ(イノフィス)、マイスプーン(セコム)、TANO(ラッキーソフト)を体験していただきました。

体験された生徒様から「介護職員不足に対応するために様々なロボットが開発され、将来色々な場で普及して欲しいと思いました」「実際に体験してみると、ロボットだからできる便利さを実感することができて良かったです」「安全に利用することも大切ですが、どの場面で活用するのかということが一番大切だと感じました」など感想をいただきました。