介護ロボットを体験するロボットリテラシー授業を小学校等で実施します

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本福祉力検定協会は、神奈川県「さがみロボット産業特区」と連携し神奈川県の小学校等を対象に「ロボットリテラシー」を養う授業を実施することになりました。

1 授業の概要

(1)テーマ「介護ロボットを上手に使いこなすロボットリテラシーを考える」
(2)授業内容(45分×2時限)

  • 全体学習
  • グループ学習 介護現場で使われているロボット(パワーアシストスーツ、電動車椅子、コミュニケーションロボットなど)を体験しながら、ロボットの正しい使い方を学ぶ
  • ロボットリテラシーに必要な事を考える

(3)講師 一般財団法人日本福祉力検定協会(東京都中央区八丁堀1-4-5)

2 実施する日時及び小学校等

日時

小学校等

学年

2月3日(金曜日)    13:30から15:05 伊勢原市立成瀬小学校

第4学年

2月7日(火曜日)      10:45から12:20 伊勢原市立石田小学校

第4学年

2月15日(水曜日)     10:40から12:15 海老名市立大谷小学校

第5学年

3月7日(火曜日)          8:30から10:05 海老名市立海老名小学校

第6学年

3月20日(月祝日)        10:00から11:40

藤沢市(公募)

第4学年から第6学年

神奈川県記者発表資料