ロボットプログラミング教室「Pepperを動かしてみよう」開催しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年8月3日(土)第24回富山県立大学ダ・ヴィンチ祭にてロボットプログラミング教室を実施しました。10組20名の小学生の親子に参加いただきました。プログラミング教室では、ペッパーのプログラミング環境として必要なコレグラフ(Choregraphe)を使ってペッパーを動かすための基礎を学びます。最終的には、参加者がペッパーのアクションカード10種類の中からペッパーにやらせたいアクションを3、4枚選択し、そのカードをやらせたい順序にならべて、次にそれぞれのカードに合わせてペッパーのしゃべらせたいセリフをご自身で考えて、ペッパーにお芝居をさせるところまで体験いただきました。

プログラミング教室内容

プログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりといったことではなく、プログラミングを通してプロセス(順序)を考えることで論理的思考力を育むとともに、身近な問題の解決に主体的に取り組んでいける力を身に付けてもらう。

  • ステップ1.ペッパーのプログラミング
  • ステップ2.ペッパーに言葉をしゃべらせる
  • ステップ3.ペッパーに動きを入れてセリフをしゃべらせる
  • ステップ4.ペッパーにお芝居をさせる